2024/06/22(土) 第5回定時総会開催

リーガロイヤルホテルにて
15:30〜18:00

『1979年次稲門会 第5回総会』
2年ぶりに総会を開催します。

日時:2024年6月22日(土) 15:30〜18:00 (受付開始15:00)
場所:リーガロイヤルホテル東京
会費:10,000円 (同伴者も同額)

多くの皆様の参加をお待ちします。
総会の参加申し込み締め切りは6月16日です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
内容は以下を予定しています。
懇親会は、現役学生のパフォーマンスがあり、
後半はみんなで参加し楽しめる内容となっています。

1.総会議事 (15:30)
  会長挨拶、活動会計報告、新役員紹介など
2.懇親会 (16:00)
  日本拳法部演武
  クイズ大会
  54らシンガーズ/ダンサーズ
  全員で校歌〜エール〜記念撮影 (18:00終了)
54らグッズの販売もあります。是非ご覧になり購入ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

定時総会に参加できない方へのご案内
YOUTUBEで総会の模様をライブ配信
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
当日午後2時より頃からMAIN ROOMにて待受け画面を配信開始します。
当日のスケジュールは、定時総会15:30より、懇親会16:00よりスタートする予定です。

MAIN ROOM
https://youtube.com/live/ZDuhJiWo_i4?feature=share

万が一のシステム障害などで配信できない場合はSUB ROOMに移行し配信します。
MAIN ROOM で観れない場合はSUB ROOMをご覧ください。

SUB ROOM 
https://youtube.com/live/BPllyeTfgKQ?feature=share

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

案内チラシはこちら

54ら会のイベントが気になりながら、まだ参加したことのないかた、来てみるときっと楽しいよ!
参加したかたからのお便りを「54らの広場」に掲載してます。
こちらもご覧ください!! 
その1 小山田薫さんから
その2 種村隆久さんから
その3 首藤典子さんから
その4 堀尾正明さんから

TKB54ダンサーズ通信はこちらから
テーマソングにあわせてTKB54らダンサーズがパフォーマンスを披露します

私たちは総会に参加します!!(参加予定者リスト)

当日のオプションとして
総会前に、キャンパスツアー
総会後に、二次会
を企画しています。

キャンパスツアー案内
50年前の入学時と違った最新のキャンパスをチョットだけ見学してみませんか。学生ガイドがご案内します。
・集合   13:00 早稲田アリーナ前 (旧 記念会堂)
・コース  歴史館~3号館(政治経済学部)
      ~會津八一記念博物館
      ~国際文学館(村上春樹ライブラリー)
      ~坪内逍遥記念演劇博物館
      ~11号館(商学部・国際教養学部)
      ~中央図書館(総合学術センター内)
      60分程度の行程
・特典   アカデミックガウン着用にて、
      大隈講堂及び大隈銅像を背景に記念撮影
      (14:00~を予定)  
・参加費  無料
・募集人数  20名程度
・撮影方法  ご自身のスマホもしくは持参のカメラで撮影
*荒天等の影響でコースの変更及び記念撮影が中止のなる場合があることをご了承ください。
         担当 村瀬

●二次会案内
総会・懇親会だけだは話し足りないかたへ、二次会もご用意しています。
大隈通り商店街にあるお洒落なグッドモーニングカフェで、思う存分話しましょう!

時間:18:30〜20:30
場所:グッドモーニングカフェ早稲田
会費:5000円(参加人数による)
   参加申し込みのかたに振込先をお知らせします。
18:15にホテルロビーに集合していただければ、二次会会場まで誘導します

2024/04/21早慶レガッタ応援報告

54ら会第9回早慶レガッタ応援報告

2024年4月21日(日)隅田川で第93回早慶レガッタが開催されました。

54ら会では、10:00から54ラン会が隅田川テラスランしつつ、レガッタ観戦。女子はいつもどおりの勝利でしたが、第二エイトは残念な結果でした。

13:30から、54ら会応援団が、桜橋近くの墨田区側に三々五々集合し、13人で応援しました。まずOBエイトは幸先良く勝利。それぞれ持ち寄った飲み物や差し入れの桜餅、ワインを頂きながら、対抗エイトのレースを待ちました。スタートしてから約10分スマホ中継でレースの様子を聞き、ついに見えてきた両艇。早稲田がリードしていることに喜びながら、目の前を通り過ぎる艇に大声で声援を送った結果、0.25艇身の勝利!見事、昨年のリベンジを果たしました。

祝勝会は吾妻橋「金の炎」のビルにあるフラムドールで。美味しいアサヒビールで祝杯をあげました。その後、盛り上がった勢いでカラオケへと流れ、楽しい1日となりました。
(櫻井直子記)

参加者

遠藤弘文 岡野勝 系野力 小林章子 櫻井直子 首藤典子 鈴木忠善 田角成人 番平均 日比野悦久 平野伸一 広渡紀子 益田聡

2024/06/04幹事会報告

出席者(順不同・敬称略):櫻井,中村,林原,小林,番平,村山,
             村瀬,益田聡,益田あけみ,戸叶,寺内,
             多田,向坂,平野,日比野(記)

日時 2024年6月4(火)18時15分~19時25分 於 校友サロン

1,報告事項
1-1、校友会から
1979年年次稲門会代議員の委嘱(2名)。戸叶副会長,日比野幹事長

2-2、54ら会から
 2024稲門祭広告パンフレット出稿
 中村さん提案の原稿での出稿について了解。以降申し込み手続き,中村さん委任

2.討議事項
2-1 定時総会
林原実行委員長より、定時総会タイムスケジュール並びに全体進行役割分担表(配布)に沿って説明。出席者間で共有、細部を確認
以下,共有・確認事項
・定時総会への出席者数の設定:105~115名(8名/卓×14卓)
現時点での申し込み者数 86名
・会場内での懇親会における各イベント必要スペースの確認
・登壇場所と出席者卓の間に,ダンサーズ必要スペース 幅8m×奥行3m程度
を確保。他イベント(日本拳法部演舞・シンガーズ)ともこのスペースでOK
・寺内さん作成のテーブル対抗54らクイズのルール・要領を確認
・賞品54らグッズ(タオル)。司会以外に各卓でのスタッフ(5~6名)必要
・当日集合時間と場所 13時に3階ロイヤルホール前 
・写真係 写真部2名手配
・配布資料&どら焼き(お土産)は、各卓に事前に配置
・学部別他の指定卓の配置は,受付(鈴木,小林)に一任
・会場投影用動画は現在まで以下を用意している。:①開会カウントダウン、②54ら活動紹介、③あの素晴らしい愛をもう一度、④皆で歌おう、⑤54らテーマソング、⑥閉会挨拶 
・今後の告知:★ 6/6 54ら通信 6月号発信
(掲載内容)総会・懇親会のyoutube配信の告知,キャンパスツアー,二次会,
54らの広場(その4堀尾正明さん)
       ★ 6/13 54ら通信 総会直前発信、YOUTUBE LIVE 配信URL告知

2-2 総会イベント
村瀬イベント総括より、イベント変更案でタイムスケジュールに沿って説明。
全体の流れと時間配分を確認  

3.次回幹事会開催予定
7月2日(火) 対面幹事会 18時15分~19時30分 於 校友サロン

                                  以  上    

2024/08/14,24 観劇会

東京宝塚劇場 観劇会

宙組
8月14日(水)18:00
8月24日(土)12:30

特に団体行動はいたしませんが、お近くの席で観劇します。
チケットは【数日前】の郵送となります。現地集合、現地解散です。
お問い合わせいただいたかたには詳細をお知らせします。
担当:山口桂子(商)

お問い合わせ欄にご希望の日程を記入ください

54ら会に参加して−4/堀尾正明

明海大学客員教授
早稲田大学講師
フリーキャスター(元NHK )
堀尾 正明氏(一文)より総会に向けて特別に寄稿頂きました。

54ら会かー。おれ、群れるのはあまり性に合ってないからなー。
正直言って、最初のうちは、みんなよっぽど暇なんだなー(失礼)と、会の活動を半ば斜めから傍観していた私ですが、いざ、1度参加してみると、意外にも、この会にとても新鮮な思いを抱きました。というのも、大学OB同期の人間の集まりにもかかわらず、学生時代には交流のなかった、新しいユニークな人々と知り合うことができるからです。私は、主にゴルフに参加しますが、みなさん、昔の肩書を脱いで、伸び伸びと自分の「加齢ぶり」を話したり、逆に自慢したりする。まあ、とにかく、よく笑う。ダジャレを言う。受けないおやじギャグを連発する。でもめげずに続ける。ユーモアのある話しをする。思わず、苦笑いさせられる。なぜか、54らにはそういう人が多いのです。学生時代とはまた違った新鮮な感覚。
私は、現在、早稲田大学で講座を持たせてもらい、1年生から4年生までの全学部横断で「コミュニケーション」を教えています。彼らの受講動機で多いのは、「人前で話すのが苦手だから、それを払拭したい。面白い話しができるようになりたい」というもの。みな口をそろえて訴えます。そういう彼らに私がいつも強調するのは、「TPOを考慮しながらも、ユーモアを持って話せるマインドを心がけろ」ということです。
ユーモアを持って話すことによって、相手の表情を緩める。相手との距離を縮める。
ところが、これが日本人は苦手です。
何故苦手なのか、
もともと歴史的に「書き言葉」重視の日本では、「話し言葉」へのある種の侮蔑感(沈黙は金、雄弁は銀、一を聞いて十を知れ、などなど)があるため、欧米と違って、文科省の話し言葉教育が著しく遅れています。
つまり、読む、書く、は得意でも、話す、聞くは、多くの日本人が不得意です。学校で教わってこなかったんです。
欧米先進国の放送メディアには、日本のように「アナウンサー」という職能がないことが、如実にそれを示しています。
みんな話がうまいから、わざわざアナウンサーなんて仕事はいらないのです。
何も、論理的に話さなくていいんです。ユーモアの「マインド」でいいんです。笑わせようという「やさしさの姿勢」を持つことが大切です。
それが、人間関係の潤滑油。
随分昔の話になりますが、私が今でも強烈に記憶に残っている「世界的事件」を紹介しましょう。
1992年1月、東京での日米首脳会談の時でした。
この時、首相官邸で晩餐会に臨んだパパ・ブッシュ大統領が突然、宮澤喜一首相の膝元に倒れてしまうという大事件が起きたのです。
この時、同席したバーバラ夫人が、夫の容態が大したことはないとみるや、すかさずこう言いました。
「大統領は、昼間、天皇陛下とテニスをしたのですが、実は、大統領とアマコスト駐日大使のペアは、天皇、皇太子ペアに負けました。そのアマコスト大使のせいで、大統領は倒れたのです。アマコストがミスをして試合に負け、大統領は悔しさとショックのあまり倒れてしまったのです」
その上質なユーモアに、集まった外国人記者を含め会場は大爆笑、みんな感心しました。夫が倒れた一大事なのに、ユーモアでその不安を払拭する。
心配事を笑いに変えてしまうそのスピーチの力。私は、バーバラ夫人の人間の大きさに驚かされました。
そして、これに答えて宮沢首相も日本語でスピーチをしました。
同時通訳されていましたが、日本の記者と外国人記者の間にはタイムラグが生じることになります。宮沢首相のスピーチはこんなものでした。
「私は、1940年代に米国留学していたのですが、そこで自分の人生にプラスになったことが2つありました。1つは、本当の自由というものを学んだことです。そしてもう一つは、私の妻と出会ったことです」日本語で宮沢首相が話したのに、日本人記者の間から笑いは一切起こりませんでした。
ところが、通訳が終わったあと、外国人記者がドッと笑い、首相にも拍手を送ったのです。
つまり、バーバラ夫人や宮沢首相のユーモアは、日本人には通じなかったのです。いや、少しは通じていたかもしれませんが、日本人はここで笑ってはいけないと思ったのかもしれない。この両者の違いは何だろう。
それは、相手に対する「眼差し」の温かさの違い、お互いの気持ちを共鳴させようという努力の違い、笑うという行動に対する価値観の違い。なんですね。
日本人は、お笑い芸人の笑いは好きだけど、日常生活の笑いは足りない、少ない、しかも。それでいいと思っている。
だから、いつまでも本音と建て前を使い分け、他人との距離がなかなか縮まらない。
たかが笑い、されど笑い、です。
そう思えるのです。
すこし、大げさな話になってしまいましたが・・・・・
54ら会は、ユーモアある人々がたくさんいます。上質かどうかは別として(笑)すくなくとも、そのマインドが溢れている人たちの集まりだと思います。
だから、第二の青い春の時代は、大いに笑いあう時間を増やしたいのです。
笑いは、何よりのアンチエイジングでもありますからね
(桜井会長から、原稿を書けと指令を受けて、締め切り直前あわてて書きました、学生のリポートみたいに長くなってしまいました。あしからず) 

2004/06/01ゴルフを楽しもう会報告

54ら会ゴルフを楽しもう会 新緑ゴルフの報告

2024年6月1日(土)、武蔵の杜カントリークラブにおいて、恒例となりました「54ら会ゴルフを楽しもう会 新緑ゴルフ」が開催されました。
数日前に台風1号が発生し、雨の予報でした。気持ちが重くなります。それが、前日には予報が晴に変わり、スタート前の集合写真の時には気持ち良い青空に。新緑が青空に映えます。
雨予報を晴に変える「持ってる」面々、初参加の二名を加え総勢22名が集まることができました。
仲間が増えることはとても嬉しいことです。
ゴルフを通じて仲間がひろがっていきます。今から始めても遅くはありません。
今回初参加の一人は、54らに惹かれて25年ぶりのゴルフです。「早稲田スピリッツはここにあるから〜」ですね。

プレーの方は、コースの手入れが行き届いていて、また新緑がとてもきれいで気持ちよくラウンドをすることができました。
メンバーとの話も弾みます。いつも54らゴルフは楽しい。
プレーの後は、恒例の「反省を全くしない」反省会です。
クラブバスの発着駅には飲食店が無く、駅から少し離れたお母さんと娘さんが切り盛りしている昔ながらのお蕎麦屋さんでの開催です。お母さんはきっと昔は看板娘だったのでしょう。
本日の優勝がかかった六大学野球早慶戦の初戦に勝ち、今回こそ優勝してほしいなど、話題は尽きません。楽しい時間はあっという間に過ぎ去っていきます。
次回の再会を誓ってお開きとなりました。
賢明な54らは、行儀よく電車に揺られて家路につきました。

文責 益田 聡(理工)

参加者(50音順、敬称略)
伊井博、石川昌義、石川由美、浦島浩幸、小山田薫、片桐孝宏、片桐幸、北島正一、系野力、櫻井直子、桜田雄
幸、澤田環、篠崎行良、首藤典子、鈴木忠善、関口研、中村敏昭、早川一秀、平野伸一、堀尾正明、益田聡、横
田敬介

益田 聡

2024/05/07幹事会議事録

54ら会 2024 年 5 月 幹事会 【 対面幹事会 】議事録

出席者(順不同・敬称略):櫻井、中村、林原、小林、番平、平野、多田、鈴木伸、宮田、向坂、村瀬、石川、益田聡、益田あけみ、老久保、村山


日時 2024年5月7日   於 校友サロン
進 行:幹事長 中村 敏昭

1. 4月幹事会議事録の確認(4 月17 日櫻井会長から送信済)

2. 報告事項 …… 敬称略

 2-1 校友会から

① 【早大校友会】2024 年度組織強化活動費の申請書類の更新について(中村)

② 2024 稲門祭 ご協力のお願い(中村)

(1) 稲門祭記念品協力依頼金額 100,000 円

(2) 稲門祭広告パンフレット広告ご出稿のお願い・・・

1/4 ページ ¥25,000

(3) 稲門祭(福引景品・ドリンク類)ご協賛のお願い・・・例年申し込まず

 申込締切:2024 年6 月15 日(土)

(4) 稲門祭横断幕ご利用のお願い

③ 『早稲田学報』特集ご協力のお願い(中村)

2024 年10 月号「酒場(仮)」特集

 投稿募集:6 月末締切り

含みます)に関する情報を募集して掲載する企画

2025 年4 月号「踊る人(仮)」特集

ダンス・舞踊・踊りなど(スケートは含みません)に関わる校友を紹介する特集

2-2 54 ら会から

  •  2023 年会計報告(鈴木伸治)

別紙のとおり会計報告がなされ、2023年は予定どおり20万円弱が収支マイナスとなり、時期繰越金は同額の減少であった。
  これに対して2023 年監査報告(縣 公一郎)がなされ、会計は規則通り管理され、必要な証跡等も具備されていることが報告され、全員一致で承認された。

② 定時総会案内ハガキ(中村)

 交友会費納入者:1,554 人へ投函

3. 討議事項

  • 3-1 「定時総会」について(林原)
    別紙のとおり順番に説明確認された。
    主たる討論は次のとおり
    A テーブルの配席について
     林原委員長:今回は学部別の配席はしない方針としたい。同伴、介添等を除きランダムとすべき。目的は「新たな出会い」である。
     これに対しては次の意見が出た
     ・かつての友人たちと旧交を温める目的の参加が多い
     ・今さら全然知らない人と同じテーブルでは会話が弾まない。クレームが出るおそれ
     ・受付で整理せよというが事前の配席やテーブルを決めるのは学部別が混乱小
     ・全体のニーズは学部別に分かれる方が圧倒的に多い筈。
     林原委員長:委員長方針としてこれはやらせていただきたい。こちらが総会の開催方針を決めるのであって、不満のある人は次回以降来なくても構わないのではないか。
     ・大方針ならともかく配席という小事項について委員長が先に決め、大勢の異論を拝するのでは幹事会で何のために議論するのか?
     ・次回以降に不満を持った人が来なくなることを無視するのは暴論ではないか?
    具体的配席案を受付担当と同委員長が個別に協議しペンディングとすることになった。

    B イベントの構成・順序について
     TKB54シンガーズから「皆で唄おう」現状案の報告説明が村山幹事からなされた。これに対して村瀬幹事より次のとおり「懇親会イベント順序の変更提案」がなされた。

    グッズ販売告知⇒日本拳法部演武⇒テーブル対抗クイズ⇒テーマソング&ダンス⇒シンガーズ「皆で唄おう」⇒校歌斉唱(石川指揮 応援部は討議の結果呼ばない。)

    提案理由:
     ・当初の前提としては、シンガーズの合唱演奏を参加者が一方的に聴くと思っていた。
     ・しかし参加者全員が一緒に唄うのならば話は別。双方向盛り上がる企画。
     ・乾杯後20分のまだ飲食談笑が残っている時間には不適
     ・全体流れとしては最後に移動させ、シンガーズの唄の後で石川指揮の校歌斉唱に繋げるのが最良。
    討議の結果、全員が賛同、異議なく了承された。

    *討議の途中で石川幹事より「応援部パフォーマンスは不要。校歌斉唱は自分が振る。」

という提案が出され、全員了解。

また村瀬幹事から合わせて次の提案がされ、全員が異議なく了承した。
議事次第:開会宣言⇒校歌合唱となっているが、カウントダウン・ブザーの後で校歌⇒開会宣言とすべきである。

C 総会・懇親会のyoutube 配信について
老久保幹事より別紙のとおり提案がなされ、討議の結果全員が配信の方向で了承した。
・1ケ月前を目途として54ら通信、HPで告知する
・待機映像のスケジュールは表の方が良いのでは(林原)
・配信URLの配布時期については未定検討中

3-2 「定期総会」申込み状況について報告(益田あけみ幹事 鈴木会計)
・現在56名申し込み 払い込みは33名

3-3 イベント案(村瀬)

3-4 稲門祭54ら亭について(益田あけみ)

 10 月20 日(日)10:00~ テーマ『輝け!早稲田 仰ぐは同じき理想の光』

4.イベント案内 省略

4-1 予定

① 観劇会(山口桂子)

「アルカンシェル~パリに架かる虹~」

5月18 日(土)11:00

② ゴルフを楽しもう会:新緑ゴルフ(益田聡)

6月1日(土)武蔵の杜カントリークラブ

OUT・IN 9:28 各3組(計6組)先着24 名(5/1 現在 24 名申込み 応募締切)

セルフ 昼食付 常用カート ¥20,280

懇親会:そば処よしひろ(\5,000 程度)

申込期限:5 月25 日まで(定員になり次第、キャンセル待ち)

4-2 報告

① ボウリングの集い(岡野)

 4 月6 日(土) HP 掲載済

② 早慶レガッタ(櫻井)・隅田川テラスラン(遠藤)

4 月21 日(日)

5.その他

6. 次回幹事会

6 月4 日(火)対面幹事会 18:15~21:00 交友サロンにて

なお、本日をもって第4次執行部による幹事会は最終となります。

6 月からは新執行部による幹事会となるので、今後ともよろしくお願いいたします。

【懇親会】幹事会終了後

今回はお店を予約していません。幹事会修了時に参加人数を確認のうえ、お店を探します。

 (懇親会は19 時30 分~21 時頃を目安に終了予定) 以 上

2024/05/09 著書のご案内:金子淳人

『「精神分析」と反「精神分析」』(彩流社刊)を出版しております。
フロイト、ラカン、そしてドゥルーズ、ガタリという4人の思想家について、それぞれの思想の全体像について、平易さを意識して、まとめました。364ページですが、ソフトカバーの本です。
フロイトの現代性、ラカンの他者論、ドゥルーズの現代社会論・文化論、ガタリの精神医療論、エコロジー論などが、テーマです。
実際に生かせる思想を、簡潔に書くことを心がけました。
ご興味がありましたら、どうぞお読みください。
   (第一文学部哲学科 金子淳人)

書籍紹介(彩流社サイト)

54ら会に参加して−3/首藤典子

◇54ら会に参加して、そしてこれから

 雪になるかどうか危ぶまれる空模様、前日まで荒天でも当日はすっきりとした晴天に恵まれるといった新春ゴルフにこの2年程参加させて頂いております。そんな不安な気持ちを抱えながらも誰一人キャンセルすることもなく、明るい笑顔で集合写真に納まる面々。終了後は開催地近辺の居酒屋で反省する素振りも見せず盃を酌み交わし再会を誓う。初めて参加させて頂いた時から、温かい一言と写真が添えられたメールのやり取り、また指定席の手配等幹事さんやゴルフ場の予約をして下さる方の至れり尽くせりの影の働きがあればこそ、素晴らしい会として続いているのだと感謝しております。
  寒い季節のイベントから2ヵ月余り、~春のウララの~「隅田川早慶レガッタ」応援、応援団の対岸に陣取りゴール直前の対校エイトに声援を送り勝敗を見届ける。今年は「隅田川テラスラン」の54らプチイベントにも参加、リバーサイドのウォーク&ランを各人のペースで走ってビールを飲むという趣向。川沿いの歩道脇に目をやれば葛飾北斎の風景画。江戸時代の川遊びの様子が描かれたボードに歩みを止めて見いってみる。積み重ねられてきた歴史の情景がふわっと春の風に乗り豊かな気持ちにさせてくれる、私自身この瞬間を楽しめているなとふと思う。ウォーキング後の爽快感と応援歌の反響渦巻く中に居る高揚感を味わう、この一帯感を味わえば来年もまたここに来たいと誰しも思うことでしょう。

 本屋の店頭に立ち、さぁ何を読もうか、読みたい本がなかなか見つからない時、他の人はどんな本を読んでいるだろうかと思うことはありませんか?そんな時にお勧めのプチイベントが「54ら読書会」です。自分では探しきれない、思いもよらない本を紹介して下さる方にオンラインでお目にかかることが出来ます。初めてお会いする方がほとんどですが、新しい気付きにハッとする瞬間があり、これが何気ない日常に彩りを添えてくれることでしょう。
  いずれにしても、これからの人生、どのような自分でありたいか、何よりも自分が楽しめているかと問いかける時、共にそれを望んでいる54ら会の仲間が待っていてくれます。まだお会いしたことのない同期の皆様、6月22日に54ら会も新体制でスタートします。今まで最初の一歩を踏みだせなかった方達もこの機会に共に歩きだそうではありませんか!是非総会でお会いしましょう!
      第一文学部
      首藤典子